夏の紫外線は肌に大変大きな影響を与えています。

 

頭皮・髪の毛にとって紫外線は良くないものなのか?

 

そのため、日焼け止めや日傘、帽子といったもので肌を守る人が夏場などよく見かけます。当然、頭皮も髪の毛も紫外線の悪影響を受けるのですが、なぜかこのあたりの対策を講じない人が多く、結果として悪影響をモロに受けることになっています。

 

紫外線による髪へのダメージは2つあります。1つ目は髪の毛の中にあるキューティクルへのダメージです。キューティクルとは、髪の毛を守る鎧のような役割を果たしています。これが紫外線を浴びることで髪の毛内部のシスチンと呼ばれる部分を分解させてしまい、結果としてキューティクルが剥がれ、髪の毛の強度が落ちてしまいます。そして、髪の毛の保水力も低下してしまい、パサパサの髪の毛になってしまうのです。また、紫外線を浴び続けると髪の毛の内部にあるメラニン色素も破壊され、髪が変色し、枝毛や切れ毛の原因となります。

 

当然のように頭皮にも影響はあります。紫外線が肌を焼くように、頭皮も同じように焼きます。あまり頭が焼けるような感覚にならないのは痛点が少ないことがあげられます。そのため、肌が紫外線に焼けてヒリヒリすることはあっても、頭皮ではこうした現象が起こりにくくなっています。その結果、かなりのダメージが頭皮にあり、髪の毛をはやす細胞が壊れ、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

 

こうした紫外線の対処法としては、帽子をかぶることがあげられます。しかし、夏の炎天下に帽子をかぶると汗をかいてしまい、あまり気持ちのいいものではありません。ですので、通気性のいい帽子をかぶるようにしましょう。また、こまめに汗を拭くなどして、頭皮の環境を良好な状態で保つことが大事です。また、最近では髪の毛に塗るだけで紫外線を防いでくれる商品も登場しています。帽子や紫外線を防いでくれる商品を併用して、夏の紫外線に備え、薄毛や抜け毛対策に力を入れていくようにしましょう。