食生活の乱れと薄毛

 

食生活の不規則さが薄毛を促している場合も?

 

薄毛はさまざまなことが原因となって引き起こされることになりますが、その原因として大きいものになるのが食生活の乱れです。
人の体は日々食べる食べ物から得た栄養素によって作られているわけですから、髪の毛の成長ペースが乱れる、髪の毛自体が生えてこないといったようなことの背景には栄養素が関与している部分が少なくないのです。

 

もちろんAGAや高血圧のような病気によるものや男性ホルモンの働きによるもの、ストレスなどメンタルの崩れが原因となっているものなど個人によって原因は異なるため食生活の乱れがそのまま薄毛に直結するわけではありませんが、タンパク質やビタミン、ミネラルの不足は薄毛に繋がりやすい原因としてチェックしなくてはなりません。
タンパク質が不足すれば髪の毛の基本となるケラチンという成分を作ることが出来なくなってしまいますし、ビタミンが不足すれば血行不良によって頭髪への栄養素の運搬が阻害されてしまいます。

 

ミネラルでは特に亜鉛が重要な役割を担っており、亜鉛が不足すると髪の毛の合成が阻害されてしまうことになるのです。
そして現代人の多くは仕事などを理由として、本来あるべき食生活から外れた生活をしてしまっている人が多くいます。
特にファストフードなどの外食ばかりの生活を続けていると自然と栄養不足になりやすくなってしまい、ビタミン不足やミネラル不足といった状況になって行ってしまうのです。

 

ではどうすればそうした状況を改善できるのかというと、当然一番良いのは食生活を改めることでしょう。
毎日ある程度決まった時間に栄養バランスのとれた食事を取るようにすれば栄養不足は改善していきます。

 

ただ現実的にはそうしたことが絶対にできるわけではない人の方が多いでしょうから、そうした人であればサプリメントを使うことを検討するべきです。
現在ではさまざまなサプリメントが販売されるようになっており、一日に必要なビタミン類をまんべんなく含むものや亜鉛を集中的に含むものなどがあります。
一つ当たりの価格もかなり安くなっていますから、食生活の乱れや薄毛が気になるようであればサプリの利用を考えてみましょう。