頭皮の皮脂について

 

頭皮の皮脂の量を正常に保って抜け毛予防を

 

薄毛を防ぐためには、抜け毛が増加を予防する必要があります。
抜け毛を予防するには、抜け毛が増えてしまう原因を把握することが重要だといえるでしょう。

 

抜け毛の原因はいろいろあります。ストレスによるもの、生活習慣が乱れている場合、ダイエットなどによる偏食、血行不良、また、洗髪のしすぎによる頭皮の乾燥などです。

 

生活習慣などでよくない習慣などがある場合は、できるだけ改善するように心がけるといいでしょう。また、ストレスなどもあまり溜め込んでしまうと、髪の毛によくない影響を与えるばかりか、精神的な病にかかりやすくなってしまうので、うまくストレスを発散できるように適度に気分転換できる環境を整えることが大切です。
また、偏食や血行不良の場合なども食事を改善していくことで体や髪の毛に必要な栄養をしっかりととれるようにするといいでしょう。
これらのことを自分の生活の中で、徐々に改善することで薄毛を予防することにつながるでしょう。

 

また、頭皮に関しては皮脂が毛穴を詰まらせることでも抜け毛が増加してしまう原因になります。逆に皮脂が無さ過ぎる場合にも本来、肌を保護する役割を皮脂が担っているため、必要最低限の皮脂がなんらかの理由により無くなってしまうと、肌荒れや肌の乾燥を招いてしまうことになりかねません。
そのため、頭皮には適度に皮脂が残っている状態を維持することが、頭皮のため、また髪の毛のためには必要なのです。

 

頭皮の汚れや余分な皮脂を落とすためには、洗髪が重要になってきます。しかし、洗髪のしすぎがなぜダメなのかというと、頭皮に必要な分の皮脂も洗い流してしまう可能性があるためです。

 

洗髪をする時には、適度に洗い流すことが重要です。また、あまり熱いお湯を使って洗い流すのもおすすめできません。
熱いお湯を使うことでも皮脂が必要以上に洗い流されてしまう場合があるので、ぬるま湯で洗髪をするほうが、頭皮のためにはいいでしょう。